MENU

借金返済の計画について

借金返済する際に大事になってくるのはお金を借りる際にどんな返済計画を立てたのかということです。借金返済することは、そんなに簡単なことではないのできちんとしっかりとした計画を立てなければならず、あまり深く計画を立てないと借金返済の際に自分自身が困る結果になってしまいます。
計画を立てる際に重要なポイントになるのは自分の経済状況です。なるべく多くの月の給料明細を見て1ヶ月に平均どれだけ給料を貰っているのかを知る必要があります。
プラン契約する際にも1ヶ月にどれだけ返済しどれくらい利子が掛かるのかを明確にするべきです。最初から明確にしておくことで、計画が立てやすく無理なく返済することが出来ます。 また借りる際に借金返済の計画について考えてくれる金融機関を選んだ方がいいです。
大手の金融機関だと安心して相談出来ます。返済について疑問や心配事がある時には、借りる際に質問し出来るだけ最初に解決しておいた方がいいと思います。

借金返済の計画について

借金返済する際に大事になってくるのはお金を借りる際にどんな返済計画を立てたのかということです。借金返済することは、そんなに簡単なことではないのできちんとしっかりとした計画を立てなければならず、あまり深く計画を立てないと借金返済の際に自分自身が困る結果になってしまいます。
計画を立てる際に重要なポイントになるのは自分の経済状況です。なるべく多くの月の給料明細を見て1ヶ月に平均どれだけ給料を貰っているのかを知る必要があります。
プラン契約する際にも1ヶ月にどれだけ返済しどれくらい利子が掛かるのかを明確にするべきです。最初から明確にしておくことで、計画が立てやすく無理なく返済することが出来ます。 また借りる際に借金返済の計画について考えてくれる金融機関を選んだ方がいいです。
大手の金融機関だと安心して相談出来ます。返済について疑問や心配事がある時には、借りる際に質問し出来るだけ最初に解決しておいた方がいいと思います。

家族に迷惑をかけたくないなら、知っておくべき借金返済知識自分の、あるいは家族全員に関係する借金返済をしようと考えているが、

 

家族には余計な負担や迷惑を掛けたくないからといって

 

借金や借金返済状況について隠していませんか?

 

しかし本当に家族に迷惑を掛けたくないのであれば、

 

借金の額や返済状況、先の見通しをたててから全てを明らかにするのが一番です。

 

家族で協力して借金返済していきましょう。

 

けれど、もしも破産して借金返済がままならなくなってしまった場合、

 

家族へどういう影響が出るか心配ですよね。

 

家族が連帯保証人になっていたら、借金返済は家族が肩代わりしなければならなくなります。

 

連帯保証人としての債務は、

 

いくらあなたが法的に夫婦の縁や、親子の縁を切ろうとついて回ります。

 

またあなたが連帯保証人で支払い義務が生じた場合、

 

あなたが死亡などで借金返済できなくなれば

 

あなたの家族が借金を背負うことになります。

 

あなたと家族の生活を守るために、借金の連帯保証人については十分知識を持ちましょう。

 

連帯保証人の解除をすることは、不可能ではありませんが、

 

たいへん難しいことですので安易に契約しないように。

続きを読む≫ 2014/12/22 16:43:22 借金返済

家族にバレないで借金が出来るのか?借金をしたい人の中には、お金を借りたいけど、家族にバレないで借金が出来るのか、不安な人もいると思います。

 

昔は、お金をちゃんと決められた期日に返さないと、取り立てに来ることがありました。
借金してる会社の人が、朝の早くから家に来ることがありましたね。
今は、法律上それはしてはダメやから、取り立てなんかはないです。
だから、家族にバレる心配はありません。
家族に借金をしてることがバレるのは、そう言う取り立てがあったからですね。
今は、バレないように、ちゃんとしてくれますよ。
家族が借金している人も居ると思います。
家族が借金しているからって、その家族を責めるのは辞めてください。
きっと、借金しないといけない理由が有るのだと思います。
借金をしていることは、家族に知られたくない人が殆どやと思います。
もし、あなたの家族が借金をしていても、知らないふりをするのが良いですよ。
あなたも、借金していたら、家族に知られるのイヤでしょ。
借金返済の無料相談の詳細はこちら。

続きを読む≫ 2014/12/19 16:43:19 借金返済

借金返済をしていく時の家族との関わり方についてこれから借金返済をしようと考えている人は、家族に相談するか悩みますよね。

 

クレジットカードの月々の借金返済くらいなら、誰でも抱えているものです。

 

自分の収入に見合った借金、返済に無理のない借金なら、家族に言わなくてもいいかもしれません。

 

しかしご自分で、ご自身の借金返済能力を計るのは難しいですよね。

 

基準ってあるのでしょうか?

 

住宅ローンなどは、返済金額は年収の三割までが妥当と言われます。

 

自動車などの大きな買い物も、年収の三割の中に含めて返済予定を立てるとベストですね。

 

クレジットカードでのショッピングの返済金額は、

 

収入ではなく、「お小遣い」の三割までに抑えることをオススメします。

 

月々のお小遣いが全くなくなってしまうのも困りますし、

 

三分の一の減額ならなんとかやっていけそうでしょう?

 

何はともあれ、

 

ご自分の借金返済能力に応じた借金をしましょう。

 

それでも借金返済が苦しくなってきたら、家族にすぐ相談しましょうね。

続きを読む≫ 2014/12/19 16:43:19 借金返済

当たり前の話ですが、借金返済は計画が大事です。ですが、返済計画の詳細を決める前に事前に返済能力を考えて置かなければなりません。そこで、重要なことが一つあります。

 

「毎月の返済上限額は返済額であってはならない」。

 

収入・固定支出・変動支出を考えて余剰分が返済上限額になります。気をつけて欲しいのは、あくまで「上限」であること。

 

借金返済計画の問題にありがちなことは、この上限を返済額としてしまうことです。借金を早く返済してしまいたい、という心理からくるものですが、この計画は破綻することが多いです。

 

生活していると、必ず予想外の出費が出てきます。病気や怪我、事故など誰の身にも起きうる事象です。財布を無くすこともありうるのです。

 

予想外の出費が出てきたらどうするのか、また借金をしてしまうのでは同じことの繰り返しです。負のスパイラルに陥り、借金は膨らんでしまうでしょう。

 

そのため、毎月貯金をすることが必要になってきます。借金返済しながら貯金なんて!と思うかもしれませんが、貯金をし、予想外の事態に備えることが、結果的に早く借金返済することに繋がります。

 

借金返済の計画を立てるときは、貯金できる額も考えましょう。絶対に返済上限額を返済計画とすることのないように!!

続きを読む≫ 2014/12/15 16:25:15 借金返済